学会発表・論文  
     
  論文    
       
 
1990年~  
   
 
発表年 論文名
  雑誌名 始めの頁 終わりの頁
   
1990年 6.5mm上耳側切開と上方切開の早期術後乱視の比較
4巻 IOL 221 227
1992年 白内障術後角膜乱視を軽減するための新しい切開法
-ベント切開の成績について-
6巻 IOL 75 82
1992年 Incision Site Key to Improved Outcome
17巻 Ophthalmolgy Times
1992年 Nine-twelve incision on phacoemulsification and hard material intraocular lens implantation
1巻 Current Aspects in Ophthalmology: Proceedings of the XIII Congress of the Asia-Pacific Academy of Ophthalmology, Kyoto, 12-17 May 1991 614 616
1993年 Modified corneoscleral incision to reduce postoperative astigmatism after 6 mm diameter intraocular lens implantation
19巻 Journal of Cataract and Refractive Surgery 387 392
1993年 白内障手術後角膜乱視克服の道程とベント切開における長期術後乱視観察
7巻 IOL 76 85
1993年 白内障Controversy '93、切開法/斜切開 私はこうしている
47巻 臨床眼科(増刊号) 76 77
1994年 バセドウ病性眼症の角膜乱視
48巻 臨床眼科 332 333
1995年 両手法による灌流吸引術の実験
9巻 IOL&RS 280 283
1996年 白内障・眼内レンズ手術の論点:術後乱視の予防と対策
9巻 眼科手術 595 598
1998年 BENT Incision Cataract Surgery
  In: Phacoemulsification, Laser Cataract Surgery and Foldable IOLs. Ed by Agarwal S, Agarwal A, Sachdev MS, Mehta KR, Fine IH and Agarwal A. New Delhi, JAYPEE BROTHERS, 1998, p115-123 115 123
1998年 Ultra-High Vacuum Phaco Using an Irrigation Autoregulation System
  In: Phacoemulsification, Laser Cataract Surgery and Foldable IOLs. Ed by Agarwal S, Agarwal A, Sachdev MS, Mehta KR, Fine IH and Agarwal A. New Delhi, JAYPEE BROTHERS, 1998, p207-209 207 209
   

学会発表

論文

診療時間

月・水・金
9:00~12:00 14:00~17:00
火・木・土
9:00~12:00
〒895-0023
鹿児島県薩摩川内市横馬場町6-3
TEL:0996-23-3336(代)

スタッフ紹介 季節ごとに コメントを更新! 翼状片のセカンドオピニオン